エラに悩んでいる人必見!ボトックス注射は表情じわも解消する

顔の悩みを解消する

診察

基礎知識と治療の仕組み

小顔治療にはいくつかありますが、メスを使わない治療法としてエラボトックスがあります。この治療を受けるとエラの筋肉が縮まるので、エラが原因で顔が大きな方は小顔になることができます。ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質のひとつです。これまでは神経内科や眼科などで、眼瞼・顔面痙攣の治療の際に使用されることはありました。しかし、小顔にする目的で使われることは、昔はなかったのです。アメリカでは、米食品医薬品局で認められるほど、ボトックスが安全ということは認知されています。さらに、ヨーロッパでは美容外科で長いこと使われてきました。ちなみに美容外科では、顔のシワを改善する目的で使用されています。目尻や眉間に生じるシワは、表情筋が縮むことでできる場合がほとんどです。このシワをとるには、一般の手術では困難とされてきましたが、表情筋にボトックスを入れることで、シワを簡単に消せるようになったのです。また、ボトックスは多汗症やワキガで悩む方にも使用されるほど、その用途は様々あります。エラボトックスを受ける前に理解しておくことは、一回の治療だけでは完全に小顔にはなれないということです。そのわけは、ボトックスはエラの筋肉の働きを徐々に抑えていくからです。ですので、ある程度時間をかけながら小顔に仕上がるということを、予め覚えておいてください。治療は5分もあれば終えられるため、治療時間が長くなることに不安のある方でも、気軽に受けられることができます。治療後はまめに病院に通う必要はないですが、ボトックスが作用する期間はおよそ4ヶ月です。このように、ボトックスは永久的に継続するわけではないので、作用が切れる頃に再度ボトックスを注入しなければなりません。エラの張りが目立たない方は、治療の回数は少なくても問題ありません。しかし、エラの張りが強い方は、4ヶ月に一回を、最低3回は治療を受けるようにしましょう。また、病院によっては、一回のみの料金と3回セットの料金を設定しています。一回ずつ払うのもよいですが、セットの方がトータルで安くなるため、安くすませたい方ははじめからセットを利用するようにしましょう。

Copyright© 2018 エラに悩んでいる人必見!ボトックス注射は表情じわも解消する All Rights Reserved.